あらんという名にしたのか

 ペットショップから仔犬を抱いて家に帰ってきて直ぐにケージを組み立てて部屋を作った。
 そして水飲みの容器に水を入れてやり、そこで初めて仔犬を床に下ろしてやった。
 仔犬はちょっと途惑ったのか、そわそわとしていたが、やがて水を見つけると水を飲んだ。
 そしてちょっと落ち着いたようだ。

 そこで嫁さんが「この子の名前を付けてあげて」と言った。
 「俺が付けるのか。」と思ったが名無しのゴンベのゴンちゃんでは、あまりに可哀相なので
 ひとまず真剣に考え始めた。

 俺は車が好きでF1も結婚するまでは毎年日本GPを見に鈴鹿へ行っていたくらいだ。
 そこで思い浮かんだのがF1の貴公子である「アイルトン・セナ」であった。
 しかし、「セナ」にすると人の子供でもいるし、「アイルトン」だとちょっと長いかな。
 そしてもう少し考えてみる。

 そうだ、「アイルトン・セナ」の永遠のライバルである「アラン・プロスト」がいるのを
 思い出し、「アラン」にしようと思った。この際もう人の子の名前でもいいやと思い、
 「アラン」に決定。

 近所の犬友達からは「あーちゃん」と呼ばれ、知らない人に聞かれて「アランです」というと
 「アラン・ドロン」の「アランね」と言われる。
 (この前は、「あらぁ、ドロンちゃん」と言われて返事に困った。)

 でも最近は「アイルトン」もいいなぁ。と思うこの頃です。
 (あらんの子供か、あるいはもう一匹飼う事になったらこの名前にしよう)

p.s.本当は「アラン」ですがHP上では「あらん」です。